FC2ブログ

九州行くじぇヽ(´ー`)ノ

  • 2005/09/26(月) 06:26:07

今から一週間ほど九州へ行ってきますヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

呼子の烏賊が私を待っているぅぅぅーーー(*´Д`*)

スポンサーサイト



GSXRその後

  • 2005/09/26(月) 06:24:25

前回、緊急入院したGSX-Rですが、何とか無事に退院できました(^_^;)
引き上げてもらったバイク屋さんによるとバッテリー満充電にして走行したところ特に問題は無く、快調そのものだったそうな。
一応アイドリングだけ少し上げたとの事。

引き取りに行った際も特に問題なく走行できたので、そのまま京都でフルチェックさせることに。
#\5250の修理代は妥当だったにしても、内容明細は欲しかったなあ・・・


ボスのところの診断でも特に問題は無し、原因はバッテリーがヘタっていると言う事で結論が付きました。


これでツーリングに行けるぜいw



GSXR緊急入院!

  • 2005/09/13(火) 14:47:12

今日は朝早く起きた上に暇もあったので、ちょっとツーリングをしてみようかなーと思い、いそいそと準備してました。
学生時代以来、久しぶりの地図だけ持ってぶらり旅でもしてみようかと思って、1週間半ぶりにGSX-Rの火を入れて走ってみた。


・・・が、約10kmあたりから信号待ちのたびにエンストを繰り返すように。何と言うか、回転落としていくと2000回転当たりからエンジンが止まる感じ。


そのままの症状を何回続けただろうか・・・最後にはセルが回らなくなった。押し掛けをしても同じ症状は出るので、そのままタウンページからバイク屋に電話、引取りに来てもらうことに。


?ぶらり途中停車の旅?、30分で糸冬orz


まさか、こっち側に帰ってきた途端にこんな症状に見舞われるとは予想外だった(;´ρ`)
Bikes Garage moto parcoのボスとも相談して故障原因としての予測は・・・
1.バッテリー
交換時期というか、寿命なのかもしれない、4年は使っているだろうし。
2.プラグ、プラグコード
プラグは昨年5月に交換、22000Km当たりだったと記憶、現在29600kmだからそろそろ交換時期ではあるので。プラグコードは、初年度登録以来変わってないだろうから約11年。寿命でもおかしくはない。
3.レギュレータレクチファイヤ、ジェネレータ等電気系の突然死
個人的にはこれが一番怖い。
そもそも、電気系は兆候無く突然死するので、素人目には判断付かないし、簡単に修理できる箇所ではないので、一番怖いところ。
部品代だけでも頭が痛くなります・・・つか、部品在庫あるのかすら(ノД`)
更に、GSXRの電気系はフレーム、エンジン、捕器類でクリアランスの狭さが尋常ではないので、出来るだけ知ってる店に任せたいのです。


ですが、ボスの店は京都・・・おいそれと取りに来てと言えないので、流石に地元の店に頼みました。


不安だなあ・・・GSXRのプラグは特殊サイズだし、部品のクリアランス微妙だし、カウル、タンクずらさないとバッテリー外せないしと整備性の悪いバイクだし・・・


出来るだけ無事に帰ってきておくれよー(´;ω;`)

レース雑感

  • 2005/08/14(日) 13:08:40

レースレビューを書こうと思ったら、リザルト検索に便利なモータースポーツパワーさんが、経済的事情のために8月1日をもって更新を終了してしまいました。
残念なことです(;´ρ`)


とりあえず、適当な雑感。
・鈴鹿8耐
鈴鹿300km耐久のリザルトからして、ヨシムラKENZなどのSUZUKI勢に期待がかかっていることはやむを得ないでしょう。
個人的にもHONDA勢の連勝を止めて欲しかったですし。


その過度の期待が仇となったのか、ヨシムラ、KENZともに転倒を喫し、入賞圏外へ。
結局、上位5位まではHondaの独占でした。もすこし頑張れ、他メーカー。


・MotoGP
ドイツラウンドは今回もV.ロッシ(Yamaha)が優勝。
PPはN.ヘイデン(Honda)が取ったものの、決勝では大方の予想通りの磐石の強さを発揮した。
6位に中野真矢(Kawasaki)が入賞。


Suzuki、Ducati勢はいつもどおりの定位置に。
・SBK
第8戦イギリスラウンド。
第1レース、第2レース共にT.コーサー(Suzuki)芳賀紀行(Yamaha)のマッチレースになり、第1レースはT.コーサー、第2レースは芳賀紀行がトップをわけ合う結果に。


個人的に応援している加賀山就臣(Suzuki)両レースとも10位と低迷気味・・・
・WRC
第10戦フィンランドラリー、ここはハイスピードかつジャンプの多い高速コース設定で、ホームコースとしているフィンランド人ドライバーの優勝率が圧倒的に高い。
大方の予想通り、フィンランド出身のM.グロンホルム(Peujeot)がトップに立ち、コ・ドライバーの負傷というアクシデントに見舞われつつも、そのままトップを守りきりフィニッシュ。
また、M.マルティン(Peujeot)も3位に入り、マニュファクチュアラー部門でプジョーが首位に立った。


この7戦、磐石を誇っていたS.ロウブ(Citoroen)2位に入り、自身の連勝記録は7で止まり、シトロエンもマニュファクチュアラー部門の首位を明け渡した。


また、先ほどスポット参戦ながら一時復帰したC.サインツに続き、イギリスラリーでC.マクレーがシュコダから参戦する事が発表された






真夏の押し掛けはダイエットに最適!!(ぇ

  • 2005/08/05(金) 14:44:12

歯医者に行った帰りに、ちょいとツーリングでもするかーと言う事でそのまま青山高原までひとっ走りしてきました。


青山高原の風車付き駐車場(違)まで渋滞の少ない県道をつないでひた走るコースで、つらつらと走ってきました。


この日はとても暑い日で、止まってると汗だくになるわ、道の先には陽炎が見えるわと夏本番と言った感じでしたよ。


ところが青山高原の頂上の方は風が適度に吹いているわ、気温が下界より2?3度低めだわといい感じの環境でした。
海までツーリングに行くよりこっちの方がよほどいいや・・・


この時期の海は地獄ですよ、レジャー客の大渋滞に巻き込まれた日には熱射病になる確率が急上昇ですから(;´ρ`)


バイクの水温も見る見る上がって行くので、


人間とバイクのどちらが先に音を上げるかのチキンレース


になる恐れが100%です((((゜Д゜;))))


おっと、話題ずれた^^;


で、車通りも少なく、いい感じに県道を走ってたのですが、ガソリンのメインの残量が残りわずかになってきてるのに気づきました。


この辺りは、
車通り少ない=ド田舎=ガソリンスタンドがまばら
という図式が成立してるので、ちょっと危険な予感ヽ(゜ー゜;)ノ


とりあえず、次の信号でリザーブに回そうと思ったら、次の信号前で見事に


ガス欠orz


慌ててリザーブに入れて再始動しようとするものの、余りにも焦りすぎてキャブにガソリンが落ちてくる前にセル連打


結果:セル回らなくなりました、バカデスネ(´_ゝ`)


というわけで、炎天下の県道で押し掛け大会を開催してみましたよ。


バイク乗り始めて5年、通算2回目の押し掛けです。


最初は一速のまま押して、8メートルほどでクラッチ外してみたら、そのままロックして失敗。


次に2速に上げてまた8メートルダッシュ、軽く掛かるも、すぐにエンジン停止。


もう一度2速でダッシュ、今度はもう少しクラッチをじわりと外すことに。
エンジン掛かりましたよーヽ(´ー`)ノ
そのままバッテリーの電圧を回復させるためにリザーブのガスをギリギリまで使って、途中で目を付けていたガソリンスタンドに入って給油して、事なきを得ました。


しかし、真夏に押し掛けやるもんじゃないですね・・・
ホントに汗だくになりますね、急に走る事による疲労と焦りで。
ジャケットの中に来てたTシャツ、べたべたになってました(;´ρ`)


今度から無理せずに事前にリザーブに入れるようにします、ハイorz